人気のダイビングスポット、沖縄の青の洞窟とは

ダイビングスポットとして有名な沖縄県のこの場所が、青の洞窟と言われているのは、入り口から太陽の光が水面に徐々に入り込んで、海の底で光が反射することによって、辺り全体の海水が青い光で満たされて、洞窟が青く染まることからそう呼ばれています。

人気のダイビングスポット、沖縄の青の洞窟とは

夏が近づいて夏休みの季節になると、子供たちを連れてどこかに旅行に行きたくなります。

せっかく子供と出かけるなら、テーマパークのように人工的に作られた場所ではなく、子供たちに自然の神秘を見せてあげたい、出来ればダイビングやハイキングなどのアクティビティで自然を体験させてあげたいと思うのではないでしょうか?日本には絶景と呼ばれる名所がたくさんあって、そうした場所では自然の力を感じることができます。

一般的に洞窟や鍾乳洞は、人が作ったのではなく自然の力で、長い年月をかけて偶然に作られた場所でもあります。

日本で有名な洞窟では、岩手県には龍泉洞がありますが、中はとてもきれいな鍾乳洞が立ち並んでいて、洞窟の奥では清水が湧き出ているそうです。

さらに、福島県のあぶくま洞も有名で、中に入ると神秘的な世界が広がっていて、氷柱状の鍾乳石や地面から生え出たような形の鍾乳石を見ることができます。

テーマパークの中にある花壇やミニチュアランドもよくできていて、緻密さを感じますが、やはり人がセコセコ作った感じがします。

それに対して、自然にできた洞窟は荘厳さがあり美しいです。

その中で洞窟の中が青い光で満たされている沖縄の青の洞窟は絶好の観光スポットと言えます。

沖縄県のこの場所が、青の洞窟と言われているのは、入り口から太陽の光が水面に徐々に入り込んで、海の底で光が反射することによって、辺り全体の海水が青い光で満たされて、洞窟が青く染まることからそう呼ばれています。

人工のライトアップではなく、太陽の光を借りていることから時間によって光の加減も異なり、朝と昼と夕方では青色にも違いが出るそうです。

その美しさからダイビングスポットとしても人気があり、SEPマリンクラブ等の会社が家族で気軽に体験ダイビングが出来るツアーを企画しているので、是非この機会にお子さんを連れて行ってみてはいかがでしょうか?