キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 やっぱり一番は沖縄の青の洞窟でダイビング : まるっと沖縄のダイビング情報

やっぱり一番は沖縄の青の洞窟でダイビング

沖縄の青の洞窟の近くにいる魚は多種多様で、白や黄色の鮮やかな色の魚を間近で見ることができ、ダイビング中にガイドから手渡された餌をあげれば実際に魚と触れ合うこともできます。

やっぱり一番は沖縄の青の洞窟でダイビング

沖縄の青の洞窟は魚と触れ合うにはもってこいの場所で、青一色の海に魚の大群が押し寄せる様はとても幻想的です。

しかし、青の洞窟の近くは、流れが少し激しいところもあるので、素人が一人で近づくのは危険なため、専門のガイドに案内してもらった方が無難でしょう。

沖縄の海をプカプカ浮きながら堪能するだけならシュノーケリングでも十分ですが、やはり一番はダイビングです。

ダイビングならば海の深いところまで潜ることができるので、沖縄の海の中にいる不思議な生き物に出会うことができるかもしれません。

しかし、ダイビングと聞くと資格が必要で、用具を使いこなすのも難しい感じがします。

けれども体験ダイビングならば資格は必要ありませんし、経験あるインストラクターが案内してくれるので非常に簡単で、実際に小学生でも申し込んでいます。

安全にダイビングをするためには、まず水に潜る前に、陸にいるうちに道具の使い方や問題の対処の仕方などの説明を受けて、頭でやり方を理解してから行動に移ります。

さらに、水に入ってからは、まず浅瀬で道具の使い方を練習して、使い方に慣れてから青の洞窟へと向かうので安心して心の準備ができます。

青の洞窟へと向かう時にもガイドに引っ張ってもらいながら移動できるので、たとえ潮の流れが早くても焦らずにゆっくりと進むことができます。

沖縄の青の洞窟の近くにいる魚は多種多様で、白や黄色の鮮やかな色の魚を間近で見ることができ、ダイビング中にガイドから手渡された餌をあげれば実際に魚と触れ合うこともできます。

◎魚達と思い出に残る一枚を→《URL:http://labaq.com/archives/51810001.html