キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 沖縄でダイビングをする天気と時間 : まるっと沖縄のダイビング情報

沖縄でダイビングをする天気と時間

沖縄の青の洞窟の色は天気によって変わることはなく、晴れた日には太陽の光が増すので、海の色は明るい青色になり、雨の日には光が弱く洞窟の中は薄暗くなるため、落ち着いた濃い青色になります。ダイビングの際には覚えておきましょう。

沖縄でダイビングをする天気と時間

沖縄の冬場は観光客が少ないので、海の透明度が増し、青の洞窟でのダイビングには絶好の機会なのですが、青の洞窟がある真栄田岬の海岸は北側に位置するので、北風が吹くと波が高くなる傾向があります。

波があまりにも高いと、泳いでも船でも青の洞窟まで行くことができなくなってしまうので、突然キャンセルされてしまうこともあるようです。

しかし、春から夏までは沖縄では南風が吹くので、青の洞窟の周りは波が安定するので、探索を楽しむことができるでしょう。

青の洞窟は太陽の光によって見える青さが変わりますが、季節によって色合いが変わることは無く、一年を通して青色も透明度もほぼ同じだそうです。

さらには、沖縄の青の洞窟の色は、天気によって変わることもありません。

晴れた日には太陽の光が増すので、海の色は明るい青色になり、雨の日には光が弱く洞窟の中は薄暗くなるため、落ち着いた濃い青色になります。

ダイビングをして海に潜りながら青の洞窟まで泳いで行くので、外で雨が降っていようがいまいが、体が濡れることには関係ないので、天候はあまり気にしなくても大丈夫でしょう。

そして、沖縄の青の洞窟に入る時間帯ですが、海の透明度は午前中の方がキレイに見えるようですが、夏休みや連休の時には午前中はとても混雑して、洞窟のなかはほぼ芋洗い状態になります。

大体朝8時~12時頃が混雑のピークになるので、それより早い時間か午後、あるいはキレイには見えないようですが、夕方の時間ならゆっくりと見ることができるでしょう。